なんJジャイアンツまとめ

なんJからジャイアンツをまとめます。その他有望選手などもピックアップします。

    タグ:鈴木尚広

    no title

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1460860531/

    1: 風吹けば名無し 2016/04/17(日)11:35:31 ID:if6
    大量リードでも代走鈴木

    2: 風吹けば名無し 2016/04/17(日)11:37:43 ID:rXI
    横浜相手に5点以上リードする

    3: 風吹けば名無し 2016/04/17(日)11:38:20 ID:wX4
    去年の横浜対ヤクルトのヤクルト大量リードで9回裏に秋吉登板は容赦なかった(小波缶)

    【今の野球界で1番容赦ないと思える采配といえば】の続きを読む

    no title


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 22:12:29.59 ID:9uT+nUww0.net
    調べたから貼ってくで~

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 22:12:54.44 ID:9uT+nUww0.net
    2006年 
    4月22日 阪神 安藤優也-矢野輝弘 
    5月11日 オリ 平野佳寿-日高剛 
    8月23日 横浜 吉見祐治-相川亮二 
    9月*8日 ヤク ガトームソン-福川将和

    【過去10年間で鈴木尚広の盗塁阻止したバッテリー】の続きを読む

    no title


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 14:08:29.50 ID:qqWNa+nl0.net
    7歳ながら“神の足”といわれる鈴木尚は「年々スピードが上がっているんです」と胸を張る。そんな衰え知らずの男には
    密かなる“野望”がある。さる球団関係者がこう言う。

    「在籍年数の球団記録です。現在は22年間の王さん(現ソフトバンク会長)が保持。鈴木尚はあと3年で追いつき、
    4年で記録を更新する。肉体が年々進化しているという驚異のアラフォーで『あと3、4年は軽くできる』と漏らしているだけに、
    40歳でタイ、41歳で『王さん超え』は現実的な話。通算868本塁打の世界の王さんの記録を、
    19年で通算10本塁打の男が抜いたら痛快でしょう。本人も『そうなったらすごくないですか?』と密かにモチベーションにしているんです」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00000020-nkgendai-base
    そろそろ調子乗りすぎやでって誰か伝えてやれや

    【鈴木尚広選手、王貞治の記録更新を狙う】の続きを読む

    no title


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/19(木) 08:26:40.66 ID:eCdcJs5ba.net
    1位 阿部
    2位 内海
    3位 山口
    4位 坂本
    5位 小笠原

    【原巨人の貢献度ランキグンwwwwwwww】の続きを読む

    nonimage


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 08:41:09.28 ID:AS0i1tVna.net
    意外と打ってる

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 08:42:27.66 ID:D03izaNM0.net
    こいつがアリなら足早ければプロになれるじゃん

    11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 08:44:30.86 ID:/xJs5MO6a.net
    >>3 
    そらあの走塁技術あればプロになれるやろ
    【鈴木尚広(1312-347).264 9本】の続きを読む

    nonimage




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 06:09:01.77 ID:zQ1tSdAup.net
    100盗塁は軽い?

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 06:09:40.81 ID:grim5mZN0.net
    対策されて終了

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 06:09:49.67 ID:qyszGtei0.net
    まずそこまで出塁出来ない
    【鈴木尚広を144試合スタメンで使ったら】の続きを読む

    このページのトップヘ